妊産婦に関する調査

実施状況

2019(令和元)年度本調査(2021(令和3)年6月30日現在)

平成24年度調査回答者に対する2回目フォローアップ調査(追跡調査)(中間結果)

対象者数、回答者数と回答率の推移

本調査

フォローアップ調査(追跡調査)

主な調査結果の経年変化

早産率・低出生体重児率・先天性奇形率

早産率 低出生体重児率 先天奇形・先天異常発生率
平成23年度 4.6(5.7) 8.6(9.6) 2.85 (3~5)※
平成24年度 5.6(5.7) 9.2(9.6) 2.39
平成25年度 5.2(5.8) 9.6(9.6) 2.35
平成26年度 5.3(5.7) 9.8(9.5) 2.30
平成27年度 5.6(5.6) 9.4(9.5) 2.24
平成28年度 5.3(5.6) 9.2(9.4) 2.55
平成29年度 5.3(5.7) 9.2(9.4) 2.38
平成30年度 5.2(5.6) 9.0(9.4) 2.19
令和元年度 5.1(5.6) 9.1 (9.4) 2.71

早産率と低出生体重児率の( )は各年の人口動態統計における割合および発生率
※先天奇形・先天異常発生率の( )は一般的な発生率

  • 放射線等の新生児への影響が心配されましたが、2011(平成23)~2019(令和元)年度調査の結果では、各年度とも政府統計や一般的に報告されているデータとの差はほとんどありませんでした。

妊産婦のうつ傾向の推移

  • 「気分が沈みがち」「物事に興味がわかない」という設問に、両方、あるいはいずれかに当てはまると回答された方の数は、徐々に減っています。

放射線の影響への不安について

pic_pregnancy08.png

  • 「偏見」、「遺伝的な影響」は横ばい傾向ですが、「子どもの健康」、「食品」、「水」、「子どもの外遊び」に不安を感じる母親は少なくなっています。

要支援者への支援の実施

調査回答者のうち、記載内容から相談・支援の必要があると判断された方に、助産師、保健師等が電話やメールによる相談の受け付け、支援を行っています。

2019(令和元)年度本調査

2012(平成24)年度調査回答者に対する2回目フォローアップ調査(追跡調査)

要支援者の推移

妊産婦調査

フォローアップ調査(追跡調査)

電話による相談内容の状況

本調査

平成23年度 平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度 平成30年度 令和元年度
放射線の影響や心配に関すること
29.2%
母親の心身の状態に関すること
33.4%
母親の心身の状態に関すること
42.5%
母親の心身の状態に関すること
49.5%
母親の心身の状態に関すること
53.1%
母親の心身の状態に関すること
59.8%
母親の心身の状態に関すること
55.6%
母親の心身の状態に関すること
53.2%
母親の心身の状態に関すること
48.1%
母親の心身の状態に関すること
20.2%
子育て関連(生活)のこと
26.7%
子育て関連(生活)のこと
38.7%
子育て関連(生活)のこと
36.1%
子育て関連(生活)のこと
40.9%
子育て関連(生活)のこと
43.4%
子育て関連(生活)のこと
51.8%
子育て関連(生活)のこと
41.4%
子育て関連(生活)のこと
42.5%
子育て関連(生活)のこと
14.0%
放射線の影響や心配に関すること
23.7%
子どもの心身の健康に関すること
20.3%
家庭生活に関すること
20.5%
家庭生活に関すること
21.8%
家庭生活に関すること
19.5%
家庭生活に関すること
16.4%
子どもの心身の健康に関すること
16.0%
子どもの心身の健康に関すること
12.1%

フォローアップ調査(追跡調査)

平成27年度
(H23年度1回目)
平成28年度
(H24年度1回目)
平成29年度
(H25年度1回目)
平成30年度
(H26年度1回目)
令和元年度
(H23年度2回目)
令和2年度
(H24年度2回目)
母親の心身の状態に関すること
34.4%
母親の心身の状態に関すること
44.9%
母親の心身の状態に関すること
36.0%
母親の心身の状態に関すること
26.4%
母親の心身の状態に関すること
29.2%
母親の心身の状態に関すること
33.8%
放射線の影響や心配に関すること
25.6%
子育て関連(生活)のこと
23.0%
子育て関連(生活)のこと
27.7%
子育て関連(生活)のこと
12.2%
子育て関連(生活)のこと
17.8%
子育て関連(生活)のこと
18.9%
子育て関連(生活)のこと
21.6%
子どもの心身の健康に関すること
22.7%
家庭生活に関すること
14.6%
家庭生活に関すること
6.4%
子どもの心身の健康に関すること
10.1%
子どもの心身の健康に関すること
12.7%

H25年度1回目フォローアップ調査以降から入力方法(入力フォームや入力者)に変更あり

  • 震災直後は放射線の影響についての心配が最も多く、約1,400人に電話支援を行いましたが、2012(平成24)年度以降は母親のこころや身体の健康についての相談が多く、支援件数は減少傾向を示しています。

妊産婦に関する調査に関する直近の「県民健康調査」検討委員会への報告は、福島県ホームページをご覧ください。

第41回「県民健康調査」検討委員会

まとめ

調査の果たしてきた役割

支援の果たしてきた役割

妊産婦に関する調査の概要

目的

東日本大震災及び東京電力福島第一原子力発電所事故以降の福島県の妊産婦の皆さまのこころやからだの健康状態を把握し、不安の軽減や必要なケアを提供することを目的に開始。

対象者

  1. 前年8月1日から当該年度7月31日までに、福島県内の市町村から母子健康手帳を交付された方
  2. 上記期間内に福島県外で母子健康手帳を交付された方で、福島県で里帰り出産された方(いわゆる里帰り分娩)

調査方法・調査項目

自記式調査票

  • 妊娠の転帰と子どもの健康状態
  • 妊産婦のこころの健康度
  • 現在の生活状況(避難生活、家族離散の状況)
  • 出産状況や妊娠経過中の妊産婦の健康状態
  • 育児の自信
  • 次回妊娠に対する意識

フォローアップ調査(追跡調査)

震災時に「妊産婦に関する調査」に回答された方は、特にうつ傾向の割合が高く、自由記載内容も深刻な内容を含んでいたため、育児に自信がないと感じる母親が増え、かつ児の健康診査がない時期である出産4年後にあたる2017(平成27)年度(2011(平成23)年度回答者)~2018(平成30)年度(2014(平成26)年度回答者)にフォローアップ調査を実施し、健康状態を把握し、支援が必要な方には電話支援を継続することを目的としている。
なお、1回目フォローアップ調査の結果、2011(平成23)年度及び2012(平成24)年度調査回答者のうつ傾向の割合が高かったことから、2019(令和元)年度から2回目のフォローアップ調査を実施している。

対象者

2011(平成23)年度~2014(平成26)年度の調査に回答された方(流産、中絶、死産を除く)のうち、市町村への照会により母子ともに居住が確認された方。

調査方法・調査項目

自記式調査票(ハガキ)

  • 母親のこころの健康
  • 子育ての自信
  • 放射線の影響で不安なこと
  • 子どもの入院
  • 子どものことで心配なこと